石川 岳志

学位博士(理学)
現職鹿児島大学 学術研究院 理工学域工学系 化学生命・化学工学専攻 教授
職場〒890-0065 鹿児島県鹿児島市郡元1丁目21番40号 工学部学生命工学棟3階
099-285-8334
ishi [at] cb.kagoshima-u.ac.jp



English

学歴

1999年03月北海道大学 理学部化学第二学科 卒業
2001年03月北海道大学 大学院理学研究科 化学専攻 修士課程 修了
2005年03月北海道大学 大学院理学研究科 化学専攻 博士後期課程 修了

職歴

2005年04月独立行政法人科学技術振興機構 博士研究員 (立教大学)
2008年03月岐阜大学 人獣感染防御研究センター 助教
2012年04月東北大学 大学院工学研究科付属 エネルギー安全科学国際研究センター 助教
2013年02月長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 准教授
2018年10月鹿児島大学 学術研究院 理工学域工学系 化学生命・化学工学専攻 教授

学会

2006年03月〜現在日本化学会
2013年04月〜現在情報計算化学生物(CBI)学会
2010年06月〜現在日本生物物理学会
2015年04月〜現在日本薬学会

業績

Google Scholar
ORCiD
Research Map

英文論文(査読付き)

[50] T. Ishikawa, K. Sakakura, Y. Mochizuki, RI-MP3 calculations of biomolecules based on the fragment molecular orbital method, J. Comput. Chem., online published (DOI: 10.1002/jcc.25368)
[49] T. Ishikawa, S. Mizuta, O. Kaneko, K. Yahata, Fragment Molecular Orbital Study of the Interaction Between Sarco/Endoplasmic Reticulum Ca2+-ATPase and Its Inhibitor Thapsigargin Toward Anti-Malarial Development, J. Phys. Chem. B, 122 (2018) 7970-7977 (DOI: 10.1021/acs.jpcb.8b04509)
[48] Y. Miyazaki, T. Ishikawa, Y. O. Kamatari, T. Nakagaki, H. Takatsuki, D. Ishibashi, K. Kuwata, N. Nishida, R. Atarashi, Identification of alprenolol hydrochloride as an anti-prion compound using surface plasmon resonance imaging, Mol. Neurobiol., online published (DOI: 10.1007/s12035-018-1088-7)
[47] T. Ishikawa, Ab initio quantum chemical calculation of electron density, electrostatic potential, and electric field of biomolecule based on fragment molecular orbital method, Int. J. Quantum Chem., 118 (2018) e25535 (DOI: 10.1002/qua.25535) (selected as cover image)
[46] S. Yamaguchi, N. Horie, K. Satoh, T. Ishikawa, T. Mori, H. Maeda, Y. Fukuda, S. Ishizaka, T. Hiu, Y. Morofuji, T. Izumo, N. Nishida, T. Matsuo, Age of Donor of Human Mesenchymal Stem Cells Affects Structural and Functional Recovery after Cell Therapy Following Ischaemic Stroke, J. Cerebr. Blood. F. Met., 38 (2018) 1199-1212 (DOI: 10.1177/0271678X17731964)
[45] K. Watanabe, T. Ishikawa, H. Otaki, S. Mizuta, T. Hamada, T. Nakagaki, D. Ishibashi, S. Urata, J. Yasuda, Y. Tanaka, N. Nishida, Structure-based drug discovery for combating influenza virus by targeting the PA-PB1 interaction, Sci. Rep., 7 (2017) 9500 (DOI: 10.1038/s41598-017-10021-w)
[44] T. Ishikawa, H. Otaki, S. Mizuta, M. Kuriyama, O. Onomura, N. Higuchi, M. N. Nakashima, M. Nakashima, K. Ohyama, Computational study of the competitive binding of valproic acid glucuronide and carbapenem antibiotics to acylpeptide hydrolase, Drug Metabolism and Pharmacokinetics, 32 (2017) 201-207 (DOI: 10.1016/j.dmpk.2017.04.002)
[43] J. N. Makau, K. Watanabe, T. Ishikawa, S. Mizuta, T. Hamada, N. Kobayashi, N. Nishida, Identification of small molecule inhibitors for influenza A virus using in silico and in vitro approaches, PLoS ONE, 12 (2017) e0173582 (DOI: 10.1371/journal.pone.0173582)
[42] S. Nakano, K. Yasukawa, T. Tokiwa, T. Ishikawa, E. Ishitsubo, N. Matsuo, S. Ito, H. Tokiwa, Y. Asano, Origin of Stereoselectivity and Substrate/ligand Recognition in an FAD-Dependent R-Selective Amine Oxidase, J. Phys. Chem. B, 120 (2016) 10736-10743 (DOI: 10.1021/acs.jpcb.6b09328)
[41] T. Ishikawa, Prediction of peptide binding to a major histocompatibility complex class I molecule based on docking simulation, J. Comput. Aid. Mol. Des., 30 (2016) 875-887 (DOI: 10.1007/s10822-016-9967-3)
[40] D. Ishibashi, T. Nakagaki, T. Ishikawa, R. Atarashi, K. Watanabe, F. Cruz, T. Hamada, N. Nishida, Structure-based drug discovery for prion disease by using a novel binding simulation, EBioMedicine, 9 (2016) 238-249 (DOI: 10.1016/j.ebiom.2016.06.010)
[39] N. Sriwilaijaroen, S. Magesh, A. Imamura, H. Ando, H. Ishida, M. Sakai, E. Ishitsubo, T. Hori, S. Moriya, T. Ishikawa, K. Kuwata, T. Odagiri, M. Tashiro, H. Hiramatsu, K. Tsukamoto, T. Miyagi, H. Tokiwa, M. Kiso, Y. Suzuki, A Novel Potent and Highly Specific Inhibitor against Influenza Viral N1-N9 Neuraminidases: Insight into Neuraminidase-inhibitor Interactions, J. Med. Chem., 59 (2016) 4563-4577 (DOI: 10.1021/acs.jmedchem.5b01863)
[38] K. Pandey, P. Ferreira, T. Ishikawa, T. Nagai, O. Kaneko, K. Yahata, Ca2+ monitoring in Plasmodium falciparum using the yellow cameleon-Nano biosensor, Sci. Rep., 6 (2016) 23454 (DOI: 10.1038/srep23454)
[37] D. Morita, Y. Yamamoto, T. Mizutani, T. Ishikawa, J. Suzuki, T. Igarashi, N. Mori, T. Shiina, H. Inoko, H. Fujita, K. Iwai, Y. Tanaka, B. Mikami, M. Sugita, Crystal structure of the N-myristoylated lipopeptide-bound MHC class I complex, Nat. Comm., 7 (2016) 10356 (DOI: 10.1038/ncomms10356)
[36] N. Kawashita, H. Yamasaki, T. Miyao, K. Kawai, Y. Sakae, T. Ishikawa, K. Mori, S. Nakamura, H. Kaneko, A Mini-review on Chemoinformatics Approaches for Drug Discovery, J. Comput. Aided Chem., 16 (2015) 15-29 (DOI: 10.2751/jcac.16.15)
[35] Y. Higuchi, T. Ishikawa, N. Ozawa, L. Chazeau, J.-Y. Cavaille, M. Kubo, Different dynamic behaviors of the dissociation and recombination reactions in a model calculation of polyethylene by first-principles steered molecular dynamics simulation, Chem. Phys., 459 (2015) 96-101 (DOI: 10.1016/j.chemphys.2015.08.007)
[34] H. Oku, M. Inafuku, T. Ishikawa, T. Takamine, M. Ishmael, M. Fukuta, Molecular cloning and biochemical characterization of isoprene synthases from the tropical trees Ficus virgata, Ficus septica, and Casuarina equisetifolia, J. Plant Research, 128 (2015) 849-861 (DOI: 10.1007/s10265-015-0740-9)
[33] L. Chang, T. Ishikawa, K. Kuwata, S. Takada, Protein-specific force field derived from the fragment molecular orbital method can improve protein-ligand binding interactions, J. Comput. Chem., 34 (2013) 1251-1257 (DOI: 10.1002/jcc.23250)
[32] T. Ishikawa, R. R. Burri, Yuji O. Kamatari, S. Sakuraba, N. Matubayasi, A. Kitao, K. Kuwata, A theoretical study of the two binding modes between lysozyme and tri-NAG with an explicit solvent model based on the fragment molecular orbital method, Phys. Chem. Chem. Phys., 15 (2013) 3646-3654 (DOI: 10.1039/C3CP42761G)
[31] K. Takemura, R. R. Burri, T. Ishikawa, T. Ishikura, S. Sakuraba, N. Matubayasi, K. Kuwata, A. Kitao, Free-energy analysis of lysozyme-triNAG binding modes with all-atom molecular dynamics simulation combined with the solution theory in the energy representation, Chem. Phys. Lett., 559 (2013) 94-98 (DOI: 10.1016/j.cplett.2012.12.063)
[30] T. Okamoto, T. Ishikawa, Y. Koyano, N. Yamamoto, K. Kuwata, M. Nagaoka, A Minimal Implementation of the AMBER-PAICS Interface for Ab Initio FMO-QM/MM-MD Simulation, Bull. Chem. Soc. Jap., 86 (2013) 210-222 (DOI: 10.1246/bcsj.20120216)
[29] T. Ishikawa, K. Kuwata, RI-MP2 Gradient Calculation of Large Molecules using the Fragment Molecular Orbital Method, J. Phys. Chem. Lett., 3 (2012) 375-379 (DOI: 10.1021/jz201697x)
[28] T. Ishikawa, N. Yamamoto, K. Kuwata, Partial energy gradient based on the fragment molecular orbital method: application to geometry optimization, Chem. Phys. Lett., 500 (2010) 149-154 (DOI: 10.1016/j.cplett.2010.09.071)
[27] T. Ishikawa K. Kuwata, Acceleration of monomer self-consistent charge process in fragment molecular orbital method, C.B.I.J., 10 (2010) 24-31 (DOI: 10.1273/cbij.10.24)
[26] T. Ishikawa, K. Kuwata, Interaction analysis of the native structure of prion protein with quantum chemical calculations, J. Chem. Theor. Comput., 6 (2010) 538-547 (DOI: 10.1021/ct900456v)
[25] T. Ishikawa, T. Ishikura, K. Kuwata, Theoretical study of the prion protein based on the fragment molecular orbital method, J. Comput. Chem., 30 (2009) 2594-2601 (DOI: 10.1002/jcc.21265)
[24] T. Ishikawa, K. Kuwata, Fragment molecular orbital calculation using the RI-MP2 method, Chem. Phys. Lett., 474 (2009) 195-198 (DOI: 10.1016/j.cplett.2009.04.045)
[23] N. Taguchi, Y. Mochizuki, T. Nakano, S. Amarai, K. Fukuzawa, T. Ishikawa, M. Sakurai, S. Tanaka, Fragment molecular orbital calculations on red fluorescent proteins (DsRed and mFruits), J. Phys. Chem. B, 113 (2009) 1153-1161 (DOI: 10.1021/jp808151c)
[22] Y. Okiyama, H. Watanabe, K. Fukuzawa, T. Nakano, Y. Mochizuki, T. Ishikawa, K. Ebina, S. Tanaka, Application of the fragment molecular orbital method for determination of atomic charges on polypeptides. II. Toward an improvement of force fields for classical molecular dynamics simulations, Chem. Phys. Lett., 467 (2009) 417-423 (DOI: 10.1016/j.cplett.2008.11.044)
[21] Y. Komeiji, T. Ishikawa, Y. Mochizuki, H. Yamataka, T. Nakano, Fragment Molecular Orbital method-based Molecular Dynamics (FMO-MD) as a simulator for chemical reactions in explicit salvation, J. Comput. Chem., 30 (2009) 40-50 (DOI: 10.1002/jcc.21025)
[20] M. Ito, K. Fukuzawa, T. Ishikawa, Y. Mochizuki, T. Nakano, S. Tanaka, Ab Initio Fragment Molecular Orbital Study of Molecular Interactions in Liganded Retinoid X Receptor: Specification of Residues Associated with Ligand Inducible Information Transmission, J. Phys. Chem. B., 112 (2008) 12081-12094 (DOI: 10.1021/jp803369x)
[19] T. Ishikawa, Y. Mochizuki, S. Amari, T. Nakano, S. Tanaka, K. Tanaka, An application of fragment interaction analysis based on local MP2, Chem. Phys. Lett. 463 (2008) 189-194 (DOI: 10.1016/j.cplett.2008.08.022)
[18] M. Sato, H. Yamataka, Y. Komeiji, Y. Mochizuki, T. Ishikawa, T. Nakano, How Does an SN2 Reaction Take Place in Solution? Full Ab Initio MD Simulations for the Hydrolysis of the Methyl Diazonium Ion, J. Am. Chem. Soc. Comm. 130 (2008) 2396-2397 (DOI: 10.1021/ja710038c)
[17] N. Taguchi, Y. Mochizuki, T. Ishikawa, K. Tanaka, Multi-reference calculations of nitric oxide dimer, Chem. Phys. Lett. 451 (2008) 31-36 (DOI: 10.1016/j.cplett.2007.11.084)
[16] T. Ishikawa, K. Tanaka, Theoretical study on the structure of the ground state and photo-induced metastable states of [M(CN)5NO]2- (M=Ru,Fe) and mechanism of the photo-rearrangement among them, Z. Kristal. 223 (2008) 334-342 (DOI: 10.1524/zkri.2008.0033)
[15] Y. Okiyama, H. Watanabe, K. Fukuzawa, T. Nakano, Y. Mochizuki, T. Ishikawa, S. Tanaka, K. Ebina, Application of the fragment molecular orbital method for determination of atomic charges on polypeptides, Chem. Phys. Lett. 449 (2007) 329-335 (DOI: 10.1016/j.cplett.2007.10.066)
[14] T. Ishikawa, Y. Mochizuki, S. Amarai, T. Nakano, H. Tokiwa, S. Tanaka, K. Tanaka, Fragment interaction analysis based on local MP2, Theor. Chem. Acc. 118 (2007) 937-945 (DOI: 10.1007/s00214-007-0374-7)
[13] Y. Mochizuki, K. Tanaka, K. Yamashita, T. Ishikawa, T. Nakano, S. Amari, K. Segawa, T. Murase, H. Tokiwa, M. Sakurai, Parallelized integral-direct CIS(D) calculations with multilayer fragment molecular orbital scheme, Theor. Chem. Acc. 117 (2007) 541-553 (DOI: 10.1007/s00214-006-0181-6)
[12] Y. Mochizuki, K. Komeiji, T. Ishikawa, T. Nakano, H. Yamataka, A fully quantum mechanical simulation study on the lowest n-π* state of hydrated formaldehyde, Chem. Phys. Lett. 437 (2007) 66-72 (DOI: 10.1016/j.cplett.2007.02.016)
[11] Y. Mochizuki, T. Nakano, S. Amari, T. Ishikawa, K. Tanaka, M Sakurai, S. Tanaka, Fragment molecular orbital calculations on red fluorescent protein (DsRed), Chem. Phys. Lett. 433 (2007) 360-367 (DOI: 10.1016/j.cplett.2006.11.088)
[10] K. Tanaka, Y. Mochizuki, T. Ishikawa, H. Terashima, H. Tokiwa, A graphical symmetric group approach for a spin adapted full configuration interaction: partitioning of a configuration graph into sets of closed-shell and open-shell graphs, Theor. Chem. Acc. 117 (2007) 397-405 (DOI: 10.1007/s00214-006-0171-8)
[09] T. Ishikawa, Y. Mochizuki, K. Imamura, T. Nakano, H. Mori, H. Tokiwa, K. Tanaka, E. Miyoshi, S. Tanaka, Application of fragment molecular orbital scheme to silicon-containing systems, Chem. Phys. lett. 430 (2006) 361-366 (DOI: 10.1016/j.cplett.2006.09.015)
[08] T. Ishikawa, Y. Mochizuki, T. Nakano, S. Amari, H. Mori, H. Honda, T. Fujita, H. Tokiwa, S. Tanaka, Y. Komeiji, K. Fukuzawa, K. Tanaka, E. Miyoshi, Fragment molecular orbital calculation on large scale systems containing heavy metal atom, Chem. Phys. lett. 427 (2006) 159-165 (DOI: 10.1016/j.cplett.2006.06.103)
[07] Y. Mochzuki, T. Ishikawa, K. Tanaka, H. Tokiwa, T. Nakano, S. Tanaka, Dynamic polarizability calculation with fragment molecular orbital scheme, Chem. Phys. Lett. 418 (2005) 414-418 (DOI: 10.1016/j.cplett.2005.11.014)
[06] T. Ishikawa, K. Tanaka, Electronic structures and the stabilities of metastable states in [Ru(CN)5NO]2- : A theoretical study, Chem. Phys. Lett. 412 (2005) 164-170 (DOI: 10.1016/j.cplett.2005.06.117)
[05] T. Ishikawa, K. Tanaka, Response to “Comment on Theoretical study of the photoinduced transfer among the ground state and two metastable state in [Fe(CN)5NO]2-.” [J. Chem. Phys. 122. 074314 (2005)], J. Chem. Phys. 123 (2005) 047102 (DOI: 10.1063/1.1989318)
[04] T. Ishikawa, K. Tanaka, Theoretical study of the photoinduced transfer among the ground state and two metastable states in [Fe(CN)5NO]2-, J. Chem. Phys. 122 (2005) 074314 (DOI: 10.1063/1.1851975)
[03] T. Ishikawa, K. Tanaka, Theoretical study of lower electronic excitation spectra of [(Re6S8)Cl6]3-, Chem. Phys. Lett. 395 (2004) 166-170 (DOI: 10.1016/j.cplett.2004.07.055)
[02] T. Suzuki, M. Kurahashi, Y. Yamauchi, T. Ishikawa, T. Noro, Spin Polarized Metastable He* (23S, 1s2s) stimulated Desorption of H+ Ions, Phys. Rev. Lett. 86 (2001) 3654-3657 (DOI: 10.1103/PhysRevLett.86.3654)
[01] T. Ishikawa, T. Noro, T. Shoda, Theoretical study on the photoisomerization of azobenzene, J. Chem. Phys. 115 (2001) 7503-7512 (DOI: 10.1063/1.1406975)

英文学会論文(査読付き)

[1] Ab initio FMO-MD method reimplemented and applied to pure water, Y. Komeiji, T. Ishikawa, Y. Mochizuki, H. Yamataka, and T. Nakano, Computation in Modern Science and Engineering - Proc. ICCMSE2007 (Simos T. E. and Maroulis G. eds, AIP) 1261-1264

その他の論文など

[4] フラグメント分子軌道法の新規薬剤開発への応用, 石川岳志, YAKUGAKU ZASSI, 136, (2016) 121-130 (J-STAGE)
[3] ハロゲン原子導入によるタンパク質の構造安定化メカニズムの解明, 鷹觜順平, 小橋創介, 石川岳志, 坂本健作, 山岸賢司, J. Comput. Chem. Jpn., 13(2014)308-309 (DOI: 10.2477/jccj.2014-0056)
[2] フラグメント分子軌道法に基づく QM/MM 分子動力学計算: AMBER-PAICS インターフェースの構築, 石川岳志 CICSJ Bulletin, 31(2013)71-77 (J-STAGE)
[1] フラグメント分子軌道法プログラム「PAICS」と統合創薬プログラム「NAGARA」, 石川岳志, 石倉孝和, 桑田一夫, MOLECULAR SCIENCE 5, NP0015 (2011) (PDF)

書籍

[1] The FRAGMENT MOLECULAR ORBIAL METHOD: Practical Applications to Large Molecular Systems; D. G. Fedorov and K. Kitaura Eds, CRC Press, Boca Raton, FL, 2009, Developments of FMO Methodology and Graphical User Interface in ABINIT-MP (Chapter 3 : 37-62), T. Nakano, Y. Mochizuki, A. Kato, K. Fukuzawa, T. Ishikawa, S. Amaari, I. Kurisaki, S. Tanaka

招待講演および依頼講演

[09] 第387回 CBI学会研究講演会 (2017年9月1日, 大阪)「薬物−標的親和性計算の新潮流 〜古典MDから量子MDへ〜」 FMO-QM/MM分子動力学計算と量子化学による創薬研究
[08] 第135回 日本薬学会 (2015年3月25-28日: 神戸) シンポジウム 「創薬・化学研究における化合物・相互作用情報の活用 〜ケモインフォマティクスからの試み〜」 フラグメント分子軌道法の新規薬剤開発への応用
[07] 第134回 日本薬学会 (2014年3月27-30日: 熊本) ランチョンセミナー 「今こそ高精度計算によるコンピューター支援型創薬を−生体分子全電子計算プログラム「PAICS」の紹介−」
[06] Institute for Protein Research Seminar - Impacts of Supersaturation on Protein Science - (June 18-19, 2012: Osaka, Japan) Quantum Chemical Study of Biomolecules Using Fragment Molecular Orbital Method: an Application to Prion Protein
[05] Multi-scale Simulation of Condensed-phase Reacting Systems (May 10-12, 2012: Nagoya, Japan) Quantum chemical study for condensed-phase system based on the fragment molecular orbital method: Applications to geometry optimization and molecular dynamics simulation
[04] 第48回 生物物理学会 (2010年9月20-22日: 仙台) シンポジウム 「Prime Number and Life − New Paradigm for the 21th century −」 Fragment molecular orbital method and number theory
[03] 第130回 日本薬学会 (2010年3月28-30日: 岡山) ランチョンセミナー 「次世代創薬への挑戦」生体分子量子化学計算プログラム「 PAICS 」の開発と応用
[02] International Symposium on Multi-Scale Dynamics of Protein Complex Formations and Function (July 14-16, 2009: Tokyo, Japan) Quantum chemical calculation of biomolecular systems based on fragment molecular orbital method
[01] 第46回 生物物理学会 (2008年12月3-5日: 福岡) シンポジウム 「レアイベントから創薬へ」量子化学計算に基づく創薬研究へのアプローチ -プログラム開発と生体分子への応用-

競争的資金

[16] 平成30年度 科学研究費助成事業 基盤研究(C)(一般)RNAアプタマーの分子認識メカニズムの解明、分担(代表:山岸賢司)、2018年度〜2020年度
[15] 平成29年度 日本医療研究開発機構 感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE) 赤痢アメーバ“含硫脂質代謝”を標的とする阻害剤探索―全容解明と治療薬開発にむけて―、分担(代表:見市文香)、2017年度〜2019年度
[14] 平成29年度 日本医療研究開発機構 感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE) 薬剤耐性RNAウイルス出現予測法の確立と迅速制御のためのインシリコ創薬、分担(代表:西田教行)、2017年度〜2019年度
[13] 平成29年度 日本医療研究開発機構 創薬ブースター 新規抗インフルエンザ剤の探索、分担(代表:水田賢志)、2017年度〜2019年度
[12] 平成29年度 科学研究費助成事業 基盤研究(B)(特設) Wet-Dry融合アプローチを用いた産業応用酵素の遷移状態制御による新機能創製、分担(代表:常盤広明)、2017年度〜2019年度
[11] 平成28年度 科学研究費助成事業 基盤研究(B)(海外) 東アジア調査に基づくベーチェット病、強皮症の特異的HLAが病態に関わる機序の研究、分担(代表:竹内二士夫)、2016年度〜2019年度
[10] 平成28年度 科学研究費助成事業 基盤研究(B)(一般) アクチニド分子種と生体分子の相互作用に関する計算化学的研究、分担(代表:望月祐志)、2016年度〜2018年度
[09] 平成28年度 科学研究費助成事業 基盤研究(C)(一般) HLA-ペプチド親和性の網羅的計算法の開発とベーチェット病の病因解明への応用代表、2016年度〜2018年度
[08] 平成29年度 日本科学技術振興機構 地域産学バリュープログラム 計算化学手法による革新的な抗体精製用RNAアプタマーの開発、分担(代表:山岸賢司)、2017年12月〜2018年11月
[07] (終了) 平成27年度 日本科学技術振興機構 マッチングプラナープログラム「探索試験」 計算化学手法を用いた新規RNA アプタマーの設計手法の開発、分担(代表:山岸賢司)、2015年10月〜2016年9月
[06] (終了) 平成27年度 琉球大学 熱帯生物圏研究センター 共同利用研究会 計算科学と感染症研究、代表、2015年度〜2015年度
[05] (終了) 平成27年度 第4回公益社団法人 新化学技術推進協会 新化学技術研究奨励賞 凝集系化学反応の遷移状態計算のための新規手法と汎用ソフトウエアの開発、代表、2015年5月〜2016年4月
[04] (終了) 平成26年度 公益財団法人 科学技術融合振興機構 調査研究助成 新薬創成のためのためモバイル端末を利用したシリアスゲームに関する調査研究、代表、2015年2月〜2016年1月
[03] (終了) 平成26年度 琉球大学熱帯生物圏研究センター・共同利用研究 熱帯樹木のイソプレン生合成酵素と基質間の相互作用エネルギーの解析、代表、2014年度〜2014年度
[02] (終了) 平成21年度 岐阜大学 大学活性化経費(大型科研チャレンジ枠) 第一原理計算によるタンパク場を考慮した部分構造最適化システムの構築、代表、2009年4月1日〜2010年3月31日
[01] (終了) 平成20年度 科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ) FMO法による体内揺らぎを考慮した相互作用解析法の構築とプリオンタンパクへの応用代表、2008年度〜2009年度

学術集会等の企画・開催

[07] CBI学会2018年大会 フォーカストセッション 「計算科学と構造生物学による神経変性疾患克服への挑戦」 (2018年10月9日、東京、タワーホール船堀) (要旨ホームページ
[06] CBI学会2017年大会 フォーカストセッション 「計算化学を利用した感染症研究の最前線」 (2017年10月4日、東京、タワーホール船堀) (要旨ホームページ
[05] CBI学会2016年大会 フォーカストセッション 「アプタマー創薬をめざした生体分子シミュレーションと構造生物学」 (2016年10月26日、東京、タワーホール船堀) (要旨ホームページ
[04] 琉球大学熱帯生物圏研究センター共同利用研究会「計算科学と感染症研究」 (2015年11月13日、沖縄、琉球大学) (要旨ホームページ
[03] CBI学会2015年大会 フォーカストセッション 「アクセラレータを用いた生命科学計算」 (2015年10月29日、東京、タワーホール船堀) (要旨ホームページ
[02] CBI学会2014年大会 フォーカストセッション 「計算化学とデータベース」 (2014年10月30日、東京、タワーホール船堀) (要旨ホームページ
[01] CBI学会2013年大会 フォーカストセッション 「フラグメント分子軌道法の最近の展開: 実利用へ向けた開発と応用」 (2013年10月30日, 東京, タワーホール船堀) (要旨ホームページ

特許

[05] プリオン病治療薬, 石橋大輔, 西田教行, 水田賢志, 石川岳志, 特願2018-177224(2018年9月21日)
[04] キノリノン化合物および抗RNAウイルス薬, 水田賢志, 渡辺健, 西田教行, 濱田剛, 石川岳志, 田中義正, 大滝大樹, 安田二郎, 浦田秀造, PCT/JP2018/013592(2018年3月30日)
[03] キノリノン化合物および抗RNAウイルス治療薬, 水田賢志, 渡辺健, 西田教行, 濱田剛, 石川岳志, 田中義正, 大滝大樹, 特願2017-72230(2017年3月31日)
[02] 核酸アプタマー, 固相担体, ヒトIgG精製用カラム, 及びヒトIgGの精製方法, 山岸賢司, 関口真裕, 吉田尚恵, 坂本泰一, 野村祐介, 石川岳志 特願2017-23175(2017年2月10日), 特開2018-126117(2018年8月16日)
[01] プリオン病予防・治療剤, 石橋大輔, 西田教行, 中垣岳大, 濱田剛, 石川岳志, 特願2016-170349(2016年8月31日), 特開2018-35099(2018年3月8日)

プログラム開発

[1] PAICS生体分子量子化学計算プログラム
[2] PaicsView生体分子計算支援プログラム for PAICS
[3] ABINIT-MPフラグメント分子軌道(FMO)計算ソフトウエア

学会活動・その他

2018年4月〜現在 CBI学会実行委員
2014年4月〜現在 CBI学会役員
2013年4月〜現在 CBIジャーナル編集委員分野長(分野1)
2013年4月〜現在 CBI学会プログラム委員
2013年6月〜2014年3月琉球大学客員准教授

教育

2018年度〜 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 アカデミア創薬学特論II<共通>
2017年度〜 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 生物医科学特論及び実習C
2013年度〜2016年度長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 生物医科学特論及び実習C-1
2013年度〜2016年度長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 生物医科学特論及び実習C-2
2013年度〜2016年度長崎大学 医学部 感染系
2008年度〜2011年度岐阜大学 全学共通授業 「生命を担う分子群のかたち」
2006年度〜2007年度立教大学 理学部 化学科 化学情報処理